2018年11月02日

Lightwave2018で表裏別テクスチャ

Lightwave 2018で片面ポリゴンの表裏に違うテクスチャを貼る方法です。
LW2018_nodeFrontBack.jpg

2018から、ポリゴンの表裏を出力するSurface Sideは、表=0、裏=1、両面指定ありの裏=2になっているので、0.0〜1.0にClamp(制限)した値をMixerのOpacity(透明度)入力に入れることで表と裏で別のテクスチャを表示できます。(FGカラーの透明度が裏だけ1.0になるという事です)
もちろんベタ色でもできます。(Mixerにテクスチャを接続せず、FGカラーとBGカラーを入れれば良いだけです)

裏を表示するにはサーフェイスを両面表示(Double sided)にするのもお忘れなく。
タグ:Lightwave LW2018
posted by htmmovie at 14:19| Comment(0) | CG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。