2018年10月21日

プロシージャルテクスチャをUVで貼るin LW2018

Lightwave2018 でイメージマップとかプロシージャルをUVで貼る方法です。
Spot info無くなってからやり方分からなくなってたので、トライしてみました。
LW2018_nodeUV.jpg
2Dテクスチャの場合、プロジェクションはPlanarのZ座標にするのをお忘れなく。

Spot Infoからの場合、UVをそのままMakeVectorに入れたら行けたと思うのですが、Object PositionからだとVを逆にする必要がありました。
その都合で移動のY座標移動も-0.5に。

私はあまり詳しく理屈を把握してないので、とりあえずできる方法ということでご紹介です。
何か間違ってたらツッコミお願いいたします。
タグ:Lightwave LW2018
posted by htmmovie at 20:41| Comment(0) | CG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。